過去の出演者(プロフィールは出演当時)


フルート:北濱 侑樹 Kitahama Yuki

北海道教育大学岩見沢校芸術課程音楽コース卒業。在学中、ソロ選抜演奏会・室内楽選抜演奏会・卒業演奏会に出演。第6回仙台フルートコンクール入選。2012年第3回新進演奏家育成プロジェクト オーケストラ・シリーズにて札幌交響楽団と共演。これまでに工藤重典、デニス・ブリアコフ両氏のマスタークラス受講。フルートを高橋聖純、阿部博光両氏に師事。現在、北海道教育大学大学院在学。


フルート、ピッコロ:按田 佳央理 Anta Kaori

北海道教育大学岩見沢校音楽コース卒業後、パリ・エコール・ノルマル音楽院に留学。演奏科高等ディプロムを審査員の賞賛付き、全会一致の一位で取得。クレ・ドールコンクール第一位(フランス)。2012年帰国。これまでにフルートを吉田玲子、阿部博光、中山耕一、工藤重典、工藤雅子の各氏に、室内楽をフリーデリケ・キーンレ、内田輝、故ドヴィ・エルリーの各氏に師事。


フルート:清水 里香 Shimizu Rika

北星学園女子高等学校音楽科卒業。国立音楽大学音楽学部器楽学科卒業。北海道教育大学岩見沢校研究生終了。第7回日本フルートコンクールびわ湖高校の部入選。第56回全日本学生音楽コンクール東京大会入選。サントリーホール20周年記念公演・国立音楽大学創立80周年記念事業、ホールオペラアカデミー公演ヴェルディ:ファルスタッフに、1stフルートとして出演。パウル・マイゼン氏の公開レッスンを受講。また、大学在学中に府中ジュニア・ウィンド・オーケストラの講師を勤める。第34回フルートデビューリサイタル、第3回藻岩の森コンサート、第33回 OKUI MIGAKUギャラリーコンサート、Il Concerto Fresco Z、第62回 Clock Tower Concertなど多数の演奏会に出演。平成20年札幌市民芸術祭新人音楽会にて奨励賞受賞。これまでに、蠣崎路子、阿部博光、大友太郎各氏に師事。現在、札幌交響楽団、アマチュアオーケストラの賛助出演、ソロ・アンサンブルの演奏会などを中心に演奏活動を行う。また、フルート・ピアノ教室主宰、札幌フルート協会理事、国立音楽大学北海道同調会役員。


フルート:小岩 明日香 Koiwa Asuka

釧路市出身。北海道教育大学札幌校芸術文化課程音楽コース卒業、同大学大学院修士課程修了。同大学音楽科定期演奏会にソリストとして、また同大学卒業演奏会に出演。釧路新人演奏会にて釧路市教育長賞受賞。これまでに、札幌市民芸術祭新人音楽会、JRタワーそらのコンサート、道立三岸好太郎美術館ミニリサイタル、釧路市芸術祭ONKYOコンサート、江別クラシックロビーコンサートなど、様々な演奏会に出演。現在も札幌市、釧路市を中心に演奏活動を行っている。2010年釧路市にてソロリサイタルを開催。フルートを阿部博光、室内楽を内田輝、ソルフェージュを故高橋寿子の各氏に師事。日本フルート協会、札幌フルート協会、釧路音楽協会各会員。


フルート:立花 雅和 Tachibana Masakazu

北見市出身。札幌を拠点に活動するフルート奏者。札幌交響楽団の客演奏者を務めるほか、札幌コンサートホールKitara、ルーテルホールでのソロ・リサイタル、札幌市内の喫茶店、レストランやバーでのライブなど、様々なスポットで活躍している。2009年に発足したHBP(北海道吹奏楽プロジェクト)の、札幌のフリーのプロ管楽器奏者で結成された札幌管樂ゾリスデンのフルーティストをつとめる。宮の沢駅近く「シンフォニカ・スクエア」にて、「立花雅和フルート教室」を主宰。小学生から大人まで幅広くレッスンを行っている他、北海道各地の中学校、高校で吹奏楽の指導にもあたる。詳しい演奏情報やデモ演奏、レッスン以来等の連絡先は、公式ブログ「立花雅和 フルート吹きの音楽雑記帳」や、ツイッター(名:masaflute)をご覧ください。



オーボエ、イングリッシュホルン:玉田 周哉 Tamada Shuya

札幌西高でオーボエに出会い、高井明氏に師事。東京芸術大学音楽学部器楽科卒業。小畑善昭氏、松山敦子女史に師事。Ensemble Mina-mina企画・運営。


オーボエ:脇坂 真知子 Wakisaka Machiko

北海道室蘭市出身。14歳からオーボエを始める。国立音楽大学へ進学し、在学中に国外研修奨学生としてハンブルクのマスタークラスを受講。また、在学中にオーケストラや室内楽等様々な演奏会に出演。卒業後はオーボエ講師として札幌の中学校・高校で教えている他、演奏活動も積極的に行っている。これまでに、高井明、小林裕の各氏に師事。


オーボエ、イングリッシュホルン:奥谷 瞳子 Okuya Toko

札幌市出身。札幌大谷大学音楽学部管弦打楽コース・演奏クラス卒業。在学中、同大学第6回定期演奏会にてソリストとして出演し、栗田博文指揮・同大学オーケストラと共演。学内にて、演奏クラスによる音の輪コンサート、卒業演奏会等に出演する他、三岸好太郎美術館ミニ・リサイタル、石狩市ロビーコンサート、平成24年度札幌市新人音楽会等に出演。H.シェレンベルガー、金子佳代、J.ギシャール各氏のレッスンを受講。これまでにオーボエを寺岡稔、高井明の各氏に、室内楽を菊地秀夫、谷本聡子、大高紫乃の各氏に師事。札幌あしぶえの会会員。


オーボエ、オーボエ・ダモーレ:加勢 麻衣子 Kase Makiko

東京藝術大学卒業。第5回高校生国際芸術コンクールオーボエ部門入賞。第8回日本クラシック音楽コンクール全国大会第3位。2011年札幌新人演奏会市民芸術祭奨励賞受賞。これまでに オーボエを寺岡稔、小畑善昭、松山敦子、オットー・ヴィンターの各氏に、室内楽を神田寛明、四戸世紀、吉田将の各氏に師事。札幌音楽家協議会、ハイメス各会員。





クラリネット:狩原 枝里子 Karihara Eriko

札幌市出身。東京音楽大学卒業。第5回横浜国際音楽コンクール管楽器部門一般の部第一位。2012年6月、横浜国際音楽コンクール助成公演として、ザ・ルーテルホールにてジョイントリサイタルを開催。札幌新人音楽会、北広島芸術文化ホールロビーコンサートなどに出演。これまでにクラリネットを高鹿昶宏、三界秀実の各氏に師事。現在演奏活動を行う他、中高生の指導にもあたっている。三響楽器ミュージックスクールクラリネット講師。


クラリネット:大山 利奈 Ohyama Rina

美唄市出身。北星学園女子高等学校音楽科卒業。東京音楽大学器楽科卒業。卒業後渡仏。オーベルヴィリエ・ラ クールヌーブ地方音楽院をクラリネット科、室内楽科共に卒業。2009年アジアユースオーケストラオーディション合格。アジア各地での演奏旅行に参加。クラリネットを村松時雄、浜中浩一、アラン・ダミアンの各氏に師事。


クラリネット:二田 浩衣 Futada Hiroe

北海道教育大学札幌校芸術文化課程音楽コース卒業。在学中、ノルウェーのグリーグ音楽院に留学。卒業後渡仏。ベルサイユ音楽院、パリ・エコール・ノルマル音楽院を1等賞にて卒業。日本演奏連盟主催により札幌コンサートホールkitaraにてソロ・リサイタル開催。クラリネットを鹿討譲二、渡部大三郎、武田忠善、故L.K.ブリニルドセン、P.キュペール、R.ギュイオの各氏に師事。


クラリネット:福井 遥香 Fukui Haruka

北海道教育大学岩見沢校芸術課程音楽コース卒業。同大学院修了後渡仏。パリ・エコール・ノルマル音楽院にルーセル奨学生として在籍しクラリネット科、室内楽科の高等演奏資格を取得。札幌市民芸術祭奨励賞。ハイメスコンクール第1位。レオポルド・ベラン国際音楽コンクールクラリネット部門優勝。クラリネットを渡部大三郎、多賀登、R.Van Spaendonck、F.Heau各氏に師事。


クラリネット:菅原 由華 Sugawara Yuka

北星学園中学高等学校音楽科卒業。第20、21、22回日本クラシック音楽コンクール全国大会入選。第218回JRタワー空のコンサートに出演。クラリネットを三瓶佳紀、門沢真由美、渡部大三郎、井上幸子各氏に師事。現在札幌大谷大学芸術学部音楽学科4年次在学中。


クラリネット:河野 泰幸 Kono Yasuyuki

東京藝術大学を経てシュトゥットガルト芸術大学修了。在独中、リューベック歌劇場管弦楽団、プフォルツハイム歌劇場管弦楽団等で研鑽を積む。青山財団2008年度「バロックザール賞」受賞。現在、札幌大谷大学専任講師。



ホルン:岩佐 みのり Iwasa Minori

武蔵野音楽大学卒業。ハンガリー国立リスト音楽院修了。ホルンを並木博美、故田中正大、アダム・フリードリッヒの各氏に師事。室内楽を佐野悦郎氏に師事。


ホルン:長岡 碧 Nagaoka Midori

北海道教育大学札幌校芸術文化課程音楽コース卒業。ホルンを西條雅人、橋本敦の両氏に、室内楽を内田輝氏に師事。木管五重奏団ウィンドアンサンブルポロゴ、アンサンブルグループ奏楽などのメンバーとしても活動。現在、ヤマハ株式会社登録講師、RIZE音楽院講師、高等学校にて時間講師を務める。札幌音楽家協議会、日本ホルン協会会員。


ホルン:高木 進也 Takagi Shinya

札幌大谷大学音楽学部音楽学科卒業。同大学卒業演奏会出演。第20回日本クラシック音楽コンクール全国大会入選。平成22年度札幌市民芸術祭主催新人音楽会に出演。これまでにホルンを島方晴康、橋本敦に師事し、室内楽を倉橋健、金野里奈、島方晴康、玉木亮一各氏に師事。現在、札幌大谷大学音楽学部副手勤務。


ホルン:小林 のぞみ Kobayashi Nozomi

札幌新川高等学校を経て、札幌大谷大学音楽学部に入学。在学中より、金管五重奏などのアンサンブルメンバーとして時計台ホールや市内各地で演奏活動を行っている。『音の輪コンサート』や『札幌新人音楽会』に出演。現在はフリーランスのホルン奏者として、オーケストラや吹奏楽、オペラにエキストラとして数々の演奏会に出演する傍ら道内各地の中学校や高等学校にて後進の指導にあたる。角笛集団サマーキャンプにて、ベルリン・フィルホルン奏者のシュテファン・ドール氏のレッスンを受講。これまでにホルンを島方晴康、丸山勉の両氏に師事。室内楽を倉橋健氏に師事。ヤマハ株式会社登録講師。札幌音楽家協議会会員。


ホルン:畑田 咲藍 Hatakeda Sakura

札幌大谷大学音楽学科演奏クラスを特待生として卒業。同大学第7回吹奏楽定期演奏会にてソリストを務める。卒業演奏会、平成25年度札幌市民芸術祭新人音楽会、三岸好太郎美術館ミニリサイタル、JRタワーそらのコンサート等、様々な演奏会に出演。元ウィーンフィル管弦楽団首席奏者G.ヘグナー氏のマスタークラスを受講。これまでにホルンを島方晴康、橋本敦の両氏に師事。室内楽を倉橋健、玉木亮一、三瓶佳紀の各氏に師事。現在は札幌市を中心に演奏活動をするほか、後進の指導にもあたっている。



ファゴット:濱田 奈美 Hamada Nami

札幌大谷大学芸術学部音楽学科管弦打楽コース演奏クラス卒業。鹿野智子、小山昭雄各氏の公開レッスンを受講。在学中、同大学オーケストラとソリストとして共演。これまでにファゴットを夏山朋子氏に師事。室内楽を菊地秀夫、谷本聡子、三瓶佳紀の各氏に師事。札幌を中心に演奏活動を行う。木管五重奏団ウィンドアンサンブル・ポロゴ、札幌音楽家協議会各会員。


ファゴット:石黒 玲 Ishiguro Rei

札幌大谷短期大学音楽科卒業。2002年にアジア・ユースオーケストラに参加。03年札幌市民芸術祭新人音楽会に出演し、奨励賞を受賞。04年よりハンガリーにて研鑽を積み、06年に帰国。これまでにファゴットを坂口聡、ケスレル・ジョルジュ、ハルテンシュテイン・イシュトヴァーンの各氏に、室内楽をサボー・アンタル氏に師事。現在はアンサンブルグループ奏楽などで演奏活動を行う他、中高生の指導も行っている。



ヴァイオリン:廣瀬 綾 Hirose Aya

北海道教育大学岩見沢校芸術課程音楽コース卒業。同大学定期演奏会、卒業演奏会ではソリストとして出演する。2009年には交換留学生としてフィンランド国立シベリウス音楽院に一年間留学。これまでにヴァイオリンを金沢裕久、大野裕司、池上依、木野雅之、富岡雅美、内田輝の各氏に、室内楽をF.キーンレ氏に師事。現在、ヤマハ音楽教室ヴァイオリン講師。



ピアノ、チェンバロ:池田 麻里奈 Ikeda Marina

札幌市出身。北海道教育大学芸術課程音楽コース卒業。同大学定期演奏会ソリスト、Kitaraのサマーコンサート、JRタワー38そらのコンサート出演など札幌を中心に演奏活動を行う。これまでにピアノを三角祥子、北島公彦、水田香各氏に、作曲・ソルフェージュを土田英介氏に師事。現在ヤマハ音楽教育システム講師、ピアノ教室主宰。


ピアノ:松田 あかね Matsuda Akane

札幌大谷短期大学音楽科ピアノコース卒業。同専攻科、研究生U修了。2002〜2006年、ハンガリー国立リスト音楽院にて研鑽を積む。2006年、イタリア・バルレッタ市国際コンクールピアノ部門第2位。札幌市民芸術祭新人音楽会、札幌音楽家協議会コンチェルト・ダ・サローネ、札幌市民ロビーコンサート、谷の音会45周年記念コンサート等に出演。現在、ソロ及び室内楽奏者、合唱団ピアニストとして活動を行っている。ピアノを中山ヒサ子、S.ファルヴァイ、K.ゼンプレーニ、I.ラントシュの各氏に、室内楽をE.チャーンキ氏に師事。札幌音楽家協議会、谷の音会、リラの会各会員。


ピアノ:高橋 亜里 Takahashi Asato

北海道教育大学札幌校芸術文化課程音楽コース卒業。2003年札幌市民芸術祭新人音楽会にて札幌市民芸術祭奨励賞を受賞。 05年よりハンガリーのリスト音楽院にて研鑽を積む。留学中、旧リスト音楽院にてリサイタルを開く他、管弦楽器や声楽の伴奏者としても活動。帰国後はジョイントリサイタルの開催や伴奏者として様々なコンサートに出演。ピアノを柴田千賀子、谷本聡子、K.アンドラーシュ、室内楽をB.ラースローの各氏に師事。




(c) Ensemble Mina-mina